今からでも間に合う夏の日焼け対策・日焼け予防、日焼けのタイプ別の対策とは

日差しが強くなってくるこれからの季節

日焼け予防や日焼け対策はどうしていますか?

また、日焼けしてしまったときはどんな風にお手当てしていますか?

 

この記事では

  • 自然療法で出来る日焼け対策・日焼け予防
  • 日焼けしてしまったときお手当て

 

についてお伝えしたいと思います

 

 

 

肌にとってはある程度の日焼けは必要

日焼けはシミやシワの原因となったり

皮膚ガンがが懸念されたりと

最近では「日焼け=絶対ダメ」のイメージが強いですよね

ですが、本当は肌にとって多少の日焼けは必要なのはご存知でしたか?

ビタミンDのためには紫外線が必要

太陽から届く光は「紫外線」と呼ばれ

皮膚の奥(真皮層)にまで到達し

シミやシワの原因となります

また、皮膚表面の表皮でもシミの原因となります

ですが、この紫外線はビタミンDを体内で生成するためには必要なのです

食事からとれる量も限られているため

身体でビタミンDを生成するのはとても重要です

太陽の光(紫外線)を浴びて不足してしまうビタミンDを補う必要があります

 

ビタミンDの役割

ビタミンDは、本来であれば食材から摂取します

そのビタミンDは

食べ物からカルシウムの吸収を促し、

血液中のカルシウム濃度を一定に保つ働きがあります

また、骨粗鬆症を防ぐためにもビタミンDは必要不可欠です

 

 

紫外線の浴びすぎには気を付けよう

いくら身体に必要なビタミンDを生成してくれるからと言って

紫外線を浴びすぎには注意が必要です

紫外線を浴びすぎることで

  • 皮膚が炎症を起こす
  • 皮膚が乾燥する
  • シミ・シワの原因となる
  • 皮膚ガンの原因となりかねない

という懸念があります

アトピー肌などの肌トラブルがある方の場合は

今以上に肌細胞を壊してしまう恐れがあるため

肌の回復に時間がかかってしまいます

適度な日光浴は必要だけれども、日焼け予防や対策も必要と言えます

 

クレイで出来る日焼け予防

クレイではどんな日焼け予防が出来るでしょうか?

クレイでの日焼け予防について

お伝えしたいと思います

 

日焼け止めの成分については

肌に影響を及ぼす日焼け止めの成分。それでもママや赤ちゃん、子供に使いますか?

 

おススメの日焼け止めについて

ママ・赤ちゃん(子供)の肌に優しいナチュラルな日焼け止め(成分)

をご覧ください

 

クレイで洗顔

クレイで洗顔することで

肌への水分補給を促します

また、水分維持力も高まります

日焼けした肌は「火傷」と同じ

炎症を起こしている肌の鎮静にも役立ちます

 

 

クレイウォーター

洗顔後にクレイウォーターを使うことで

日焼けした肌の鎮静にも役立ちます

日焼けして蒸発した水分補給だけでなく

水分の保持も手助けしてくれます

日焼け前に使うことで

肌に当たる紫外線の反射にも役立ちます

 

 

クレイリキッドファンデーション

クレイを肌に塗る事で

クレイが肌の上に乗った状態となります

紫外線反射だけでなく

日焼けによる肌細胞の損傷を予防

日焼けによる水分の蒸発を予防

また既にできてしまっているシミやシワ

これらの修復にも役立ちます

など、肌をキレイな状態に保とうとしてくれます

 

クレイで日焼対策

日焼けしてしまった肌にどうやってクレイを使いましょう?

日焼け後の対策にクレイの使い方をお伝えします

やっぱり大活躍のクレイウォーター

クレイウォーターをコットンなどに浸し

お肌に乗せます

しっかりと水分補給をしてくれますよ

また、日焼けして火照った肌の鎮静にも役立ちます

シミ・シワになる前の肌に使うことで

シミ・シワ予防にも繋がります

 

クレイジェル

火照って赤くなってしまったり

暑くなってしまった肌に

クレイジェルを塗る事で

ひんやりして心地よいだけでなく

熱の吸収もしてくれますし

炎症を抑えてくれます

壊れてしまった肌の修復もしれくれます

クレイパック

クレイパックをすることで

しっかりとした日焼け対策ができます

火照った肌の炎症鎮静

水分補給

水分の維持

肌細胞の再生を促す

など、日焼けによる

シミ・シワ予防だけでなく

肌の構造の修復のお手伝いをしてくれます

どのクレイを選んだらいいのだろう?

クレイは沢山ありますが

では、どのクレイを選んだらいいのでしょうか?

 

 

赤ちゃんやお子さんに

赤ちゃんやお子さんは

身体がまだまだ未熟です

そのため、強い作用のクレイや

鉱物の含有量の多いクレイなどでは

かえって身体や肌に負担をかけてしまう事があります

そのため、少量のピンククレイ(ICA国際クレイセラピー協会にて販売)のクレイをお勧めします

 

アトピー肌や肌トラブル・肌疾患がある人

アトピーなど何らかの肌疾患がある方の

ファーストクレイとしては、ピンククレイがオススメです

アトピーなどの症状以外の部位の日焼けに使うのであれば

グリーンクレイ(ICA国際クレイセラピー協会販売)がいいでしょう

 

健康肌の方にお勧めなクレイ

健康な肌の方にお勧なクレイ

それはグリーンイライト(アロマフランス販売)です

炎症を抑える働きが強く

日焼け後のお手当てにオススメです

肌の潤いをキープしたいなら

そんなときはモンモリオナイト(アロマフランス販売)がいいでしょう

ですが、モンモリオナイトだけだと水分量の調整が難しかったり

ペーストを塗りにくかったりします

そんなときはホワイトクレイ(ICA国際クレイセラピー協会販売)

またはホワイトカオリン(アロマフランス)を少し混ぜると

扱いやすくなります

 

クレイの使い方は人それぞれ

どの対策・どの予防でもクレイ一定の働きをしてくれます

ですが、元々のお肌の状態や

日焼け後の肌の状態に合わせて

クレイを選んでください

そして、使い方も

自分の肌や身体の状態に合ったもの

さらに、生活環境に適した使い方(使いやすい方法)

で取り入れて下さい

 

まとめ

太陽の光を浴びることは

生活リズムを整える

交感神経と副交感神経を入れ替える

ビタミンDを生成する

など、身体にとって必要なことです

ですが、紫外線を浴びすぎるのも良くありません

その「ほどほどに」が大切ですね

そして、日焼けをする前に何ができるだろう?

日焼けの後にい何がでいるだろう?

極力、天然な物で

身体に負担のないもので

身体と心に優しいケアを心掛けたいですね

 

 

詳しいクレイの使い方

クレイの選び方については

講座にてお伝えしています

 

 

※今回ご紹介した、

クレイウォーターやクレイジェルは

ICA国際クレイセラピー協会オリジナルのレシピとなります

ICA認定講師や認定教室・認定校などICAで学んだ方以外の方が教えることはできないレシピとなっています

レシピを教わる際には、ICAで学ばれた方から直接教えてもらうようにしてくださいね

(著作権侵害などになりかねません)

クレイのことが学べる講座はこの3つ
クレイセラピスト養成講座
クレイセラピー検定対応講座
アトピー&肌トラブル 改善・克服講座

学びたいこと、知りたいことに合わせてコースをお選びいただけます

 

 

 

≪蛯原みき≫

母娘でアトピー&脱ステロイドを経て、自然療法を取り入れアトピーを改善
私は30年、娘は0歳から12年アトピーに悩まされステロイドを使い続けてきました。
「改善されない状態から抜け出したい」
一大決心をして脱ステロイドを決意。無知のまま始めた脱ステロイド生活は
苦悩の連続でした。
身体のこと、肌のこと、食べ物のこと、そしてクレイ(粘土療法)のことを学び、毎日クレイ(粘土療法)を取り入れることで、私は6カ月、娘は1年6カ月で肌を改善
自身の経験から【アトピーっ子ゼロにしたい!】という想いとともに、
≪自然療法を取り入れてアトピーを改善する方法≫を関東を中心に全国で講座を開催中
私と娘の「0歳の娘がアトピーと診断されてからステロイドをやめるまでを綴った≪アトピー奮闘記≫」をメルマガで配信中です

メルマガ限定のお得な情報やクレイの使い方なども配信しています

 

 

 

ご案内≪随時募集中です≫
私と娘が実践したアトピー改善法とは?
◎2日間でアトピーなどの肌トラブルの完治を目的とした
クレイ・経絡・食養生を学べる自然療法
※リクエスト開催は随時受付中です


ワークショップやイベントのご案内

イベント・ワークショップの予定

 

国際クレイセラピー協会認定資格取得講座

 

☆クレイセラピスト養成講座(しっかり学びたい方・オススメ☆)

♦クレイセラピスト養成講座

 

クレイ入門編・ホームケアにクレイを取り入れたい方

♦クレイセラピー検定対応講座

 

メルマガ登録はこちら

メルマガ限定特典、イベント情報、私の色々な思いを伝えているメルマガでは
私と娘のアトピー奮闘記もお届けしています

 

 

v>

こちらもぜひご覧ください