子宮の冷えと身体の温度と免疫力と新陳代謝の関係

子宮の冷えは肌にも影響がある?

 

 

この記事では

  • 子宮の冷えの原因
  • 子宮の冷えと肌の関係
  • 子宮の冷えの改善法

 

についてお伝えしたいと思います

人の身体と免疫の関係

まず、人の体温と身体の機能について

考えてみたいと思います

 

風邪をひいたら何故熱がでるのか?

インフルエンザにかかると、なんであんなに高熱になるのか?

その理由が分かるかと思います

内臓温度は38度

内臓の温度は基本的には38度だと言われています

人は体温が下がると免疫力が低下していくと言われています

 

体温が低い事で血管の流れが低下し、

免疫力が低下していきます

 

60兆個の細胞で出来ている人の身体は

血液によって栄養や酸素が送り届けられます

そして、老廃物を排出するために取り込んで運んでくれます

血行が低下すると

血液中の白血球(免疫機能を持っている)

ウィルスや最近を見つけ攻撃しにくくなってしまいます

そのため、体温が下がると免疫力が低下すると言われています

体温低下とガン細胞

体温が低下することで血液循環が低下し

免疫機能も低下してしまします

 

人は免疫力が30%低下すると

1日に1500個近くのガン細胞が

免疫システムに見逃されてしまうと言われています

見逃されたガン細胞は

繁殖をしてしまう可能性があります

 

体温が上がるとガンにかかりにくいとも言われているのは

このような理由があります

 

体温と身体の機能の関係

人の身体の機能と体温の関係についてみてみたいと思います

 

体温 身体
34℃ 生命の回復がギリギリ
35℃ ガン細胞がもっとも増加
35.5℃ 自律神経失調、アレルギー症状がでる
36.5℃ 免疫力が働きだす
37℃ 体内酵素が活発化する
37.5℃ 菌やウィルスに強い状態
38℃ 強い免疫力を発揮、白血球が病気と戦える状態
38.5℃ ウィルスが抑えられる
39.6℃ 乳がん細胞が死滅する
40℃ ほとんどのガン細胞が死滅する

 

人の身体は自分でウィルスや細菌に対抗できるようにできています

本来だったら自身の免疫力で身体を維持できることが

この表でわかりますね

子宮が冷えるとどんな影響があるの?

子宮の冷え

という言葉を聞いたことありますか?

子宮が冷えている女性が増えていると言います

では、子宮の冷えと身体の影響について考えてみましょう

 

 

子宮の冷えによる影響

血液循環が悪くなると

手先・足先が冷たくなりますよね

冷えることで血液循環が滞り

身体と内臓の温度も低下してしまいます

 

特に女性は「子宮」が冷えることで

女性独特の症状が出てしまい事があります

 

子宮に必要な血液が届きにくい

血液循環が低下することで

子宮に必要な血液が上手く供給されなくなってしまいます

すると生理不順生理痛の原因となります

 

不妊の恐れ

子宮は血液によって卵子が着床しやすい状況が作られます

血液によって子宮がふっくらすることで

着床しやすくなるのですが

血液が上手く届かないと、子宮がペタンとなってしまい

着床しずらくなってしまいます

その結果、不妊に繋がってしまうと言えます

 

子宮に老廃物が溜まってしまう

子宮に血液がしっかり行き届かないと

生理の量も少なくなってしまったり

また血液が上手く排出されなくなってしまいます

子宮に溜まった老廃物が

子宮に残ったままになってしまうことにつながります

 

 

子宮の冷えの原因とは?

では、何故子宮は冷えてしまうのでしょうか?

 

下着の影響

薄くオシャレな下着は

子宮を保護する働きがメインではありません

綿などで出来た下着なら

通気性や保温機能も期待できますが

今は綿以外で出来ている下着が多いです

そのため、子宮が冷えてしまうことに繋がります

生理用品の影響

生理用品も無害とは言えません

生理用品に使わてれいる成分は主に「石油」です

石油は溜まりにくく排出されにくいという特徴だけでなく

脂肪に溶け込み身体を酸化させるという性質もあります

子宮にダイレクトに届く生理用品は

子宮だけでなく腸への影響も大きいと言えます

 

子宮の冷えについてはコチラの記事も参考にしてください

合成ポリマーとアトピー性皮膚炎への影響

腸活・腸内環境を改善するとアトピーが改善されかゆみが消える

 

 

子宮や身体を温める方法とは?

では、どうやって子宮をあたためたらいいのでしょうか?

どうしたら体温があがるでしょうか?

 

体温や子宮を温める方法は色々あります

  • 漢方
  • 食事療法
  • ヨガ
  • 運動
  • クレイ

などがあります

 

身体を温める食事を積極的に取る

ヨガや運動で筋力をあげ血行促進をする

など、色々な方法があります

 

その中の1つクレイでの取り組み方について

ご案内したいと思います

クレイで体温UP、子宮を温める方法

クレイでの取り組み方は1つではありません

その時の自分の状況によって

取り入れやす方方法で取り組むことができます

 

クレイの良さについて

薬(ステロイド)を使わずにアトピーを改善するためにオススメの自然療法、クレイ

をご覧ください

クレイバス

身体全体を温めることができるクレイバス

お風呂から上がった後は

なかなか身体が冷めにくく

温かい状態を維持してくれます

 

クレイフットバス(足湯)

手軽で簡単なクレイフットバス(足湯)

クレイバスよりも少ない量のクレイでできますし

何かをしながら行うことができます

勉強や仕事をしながらでもいいですし

TVを見ながら、本を読みながら

など、何かの「ついで」にできてしまうのが良いところです

 

 

内臓パック

クレイをペースト状にし

子宮や腸などの上に塗る事で

  • 子宮や腸のは働きの回復
  • 子宮や腸の細胞の再生や活性化
  • 子宮や腸の温度上昇

などに有用です

ただし、温度上昇に重きをおくのであれば

クレイペーストを温めて使うことをお勧めします

温かい内臓へ早く働いてもらうために

クレイも温めておくことで

早く働き、温度上昇へと繋がります

体温0.3℃上がったというご報告

クレイバスやクレイフットバス(足湯)を

長期的に使ってくださっているお客様より

体温が上がったというご報告をいただいております

そのお客様は1年ほど、クレイを使い続けてくれています

毎日ではないけれど、週に何度か使用してくれています

そんなお客様から、体温が0.3℃上がった

嬉しいご報告をいただきました

 

たった0.3℃と感じるかもしれませんが

体温が1度上がると、免疫力は5~6倍上がると言われています

0.3℃上がると1.5倍程度上がる計算となります

お風呂や足湯をしているだけで

体温が上がり免疫力が上がると考えたら

クレイバスやクレイフットバス(足湯)は

取り入れやすいのではないでしょうか?

クレイは活用方法が沢山

クレイは免疫力や体温を上げる以外にも

色々な用途があります

つまり、クレイを持っているだけで

他にも色々な使い方があるということ

何か1つだけの用途で購入するわけではないので

とても使いやすいツールと言えます

クレイの使い方はこんなに沢山!

アトピーや乾燥肌を改善するクレイの日常的な使い方 自然療法・粘土療法

シミ・シワ・タルミ予防やリフトアップなど美容目的でのクレイの取り入れ方

もご覧ください

まとめ

人には本来「自然治癒力」が備わっています

ですが、その治癒力を低下させてしまったいるのが現状です

その治癒力を取り戻すのに大切なのが

体温・内臓温度・子宮の温度なのです

何もしなければ温度が上がる事はありません

私のように運動が嫌い(苦手)であったり

めんどくさがり屋であったり

極力低コストで・・・と考えている方は

クレイをおススメします

 

クレイは毎日の生活に使っている色々な物の代わりとして使えます

  • 日用品の代用として
  • 美容、子育て、介護など
  • 健康管理

といった使い道が沢山あるのです

1つのクレイを持っているだけで家族みんなで使えることが

低コストにもつながり

便利で取り入れやすい理由の一つです

 

毎日クレイと使い続けることで、

  • 気が付いたらここ数年風邪をひいていない
  • インフルエンザにかからない

なんてことに繋がります

 

病院へ行くと2時間かかってしまい

お薬をもらうまでに1時間

合計3時間以上の時間を要する

そんなことがなくなります

 

免疫力アップが家計を助け、

時間に余裕のある生活を送ることにもつながってくると言えます

 

クレイの色々な使い方

アトピーや乾燥肌を改善するクレイの日常的な使い方 自然療法・粘土療法

をご覧ください

 

 

クレイのことが学べる講座はこの3つ
クレイセラピスト養成講座
クレイセラピー検定対応講座
アトピー&肌トラブル 改善・克服講座

学びたいこと、知りたいことに合わせてコースをお選びいただけます

 

 

 

≪蛯原みき≫

母娘でアトピー&脱ステロイドを経て、自然療法を取り入れアトピーを改善
私は30年、娘は0歳から12年アトピーに悩まされステロイドを使い続けてきました。
「改善されない状態から抜け出したい」
一大決心をして脱ステロイドを決意。無知のまま始めた脱ステロイド生活は
苦悩の連続でした。
身体のこと、肌のこと、食べ物のこと、そしてクレイ(粘土療法)のことを学び、毎日クレイ(粘土療法)を取り入れることで、私は6カ月、娘は1年6カ月で肌を改善
自身の経験から【アトピーっ子ゼロにしたい!】という想いとともに、
≪自然療法を取り入れてアトピーを改善する方法≫を関東を中心に全国で講座を開催中
私と娘の「0歳の娘がアトピーと診断されてからステロイドをやめるまでを綴った≪アトピー奮闘記≫」をメルマガで配信中です

メルマガ限定のお得な情報やクレイの使い方なども配信しています

 

 

 

ご案内≪随時募集中です≫
私と娘が実践したアトピー改善法とは?
◎2日間でアトピーなどの肌トラブルの完治を目的とした
クレイ・経絡・食養生を学べる自然療法
※リクエスト開催は随時受付中です


ワークショップやイベントのご案内

イベント・ワークショップの予定

 

国際クレイセラピー協会認定資格取得講座

 

☆クレイセラピスト養成講座(しっかり学びたい方・オススメ☆)

♦クレイセラピスト養成講座

 

クレイ入門編・ホームケアにクレイを取り入れたい方

♦クレイセラピー検定対応講座

 

メルマガ登録はこちら

メルマガ限定特典、イベント情報、私の色々な思いを伝えているメルマガでは
私と娘のアトピー奮闘記もお届けしています

 

 

こちらもぜひご覧ください

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です